エクエルは更年期に効果的?効果や向いている人!副作用や注意点など徹底検証!

大塚製薬のエクエルの解説

エクエルは話題になっているエクオール主成分とした更年期サプリメントです。
世界で初めてのエクオールサプリで製薬大手の大塚製薬が作っているので安心感もあります。

更年期サプリを案内する沼田さんの笑顔

エクオールを主成分とした他の更年期サプリメントには『クオリア』があります。
それぞれで細かい成分・効果・料金が違ってくるので気になる人はチェックしてみましょう!

今回は更年期をサポートするサプリメントであるエクエルについての効果、成分などを詳しく紹介していきます。
飲み方や注意点、飲み合わせなども書いていきますよ。

エクエルの効果!更年期をサポートしてホットフラッシュ・不眠・イライラなどを改善

エクエルは女性のゆらぎ期の健康をサポートしてくれるサプリ。
「ゆらぎ期」とはいわゆる更年期の事で40代以降の女性が感じやすい心身の変化のことです。

更年期は理由なくイライラしたり悲しくなったりと気分の上下が激しかったり、体の急なほてり(ホットフラッシュ)、動悸などが発生します。

更年期の症状は様々で他にも頭痛、肩こり、めまい、冷え、不眠、集中力の低下、モチベーションの低下などに効果的だといわれています。

更年期の症状の原因と対処法

ホットフラッシュ
イライラ
動悸
頭痛
めまい
不眠

エクエルが向いている人

  • 事前に飲んで更年期障害に備えたい。症状を予防したい
  • サポニンが主成分の更年期サプリが合わなかった、効果が無かった。
  • 大手の安心できるサプリメントを利用したい人

エクエルは40代以降の女性におすすめしたいサプリです。
その年代になるとホルモンバランスを崩しやすいので、このサプリが辛い症状を緩和してくれることがありますよ。

まだ明らかな症状がでていない人でもこの先悪化することもありますから、更年期の予防対策としても有効です。
エクエルは大豆由来の成分でできていますから、更年期ではない女性が飲んでも問題ありません。

このサプリはエクオールという成分に着目した更年期サプリですから、『サポニン』を主成分としたものや他のサプリが合わなかった人でも効果を感じることがあると思います。

更年期サプリを案内する沼田さんの真顔

更年期サプリは主に『エクオール』主成分のものと『サポニン』主成分のものがあります。
もし『サポニン』を主成分とした更年期サプリを知らなかったり、使用したことが無いという方は下記の紹介記事からチェックしてみて下さい。

『サポニン』が主成分の更年期サプリはこちら!

高麗美人
白井田七

またエクエルは大塚製薬のサプリです。
個人の感覚として名前も知らない会社から出ているサプリメントには抵抗がある、大手の製薬会社のサプリなら安心できるという人にも向いていますね。

エクエルに入っている成分。大豆由来のエクオールの他にも美容効果のある成分も配合

どんなに良いサプリでも配合されている成分が気になりますよね。
直接飲むものなので、しっかり確認してから購入するようにしましょう。

どんな成分が入っているか分からないものを飲むのは恐いですし、しっかり成分の効果を知って飲むという習慣をつけていきましょう。

エクエルに配合されている成分

エクエルの成分一覧は、大豆胚芽発酵物、ブドウ糖、セルロース、HPMC、タルク、ステアリン酸Ca、酸化チタン、カラメルです。

大豆胚芽発酵物はこのサプリの主成分で、エクオールの元になっているものですね。
主成分以外は食品添加物、錠剤を固める成分、着色料となっています。

余計な成分は入っていませんし、女性に嬉しい効果にある成分だけを配合しているので分かりやすくもあります。

更年期用のサプリには美容効果のある成分も配合されているサプリがありますが、エクエルはエクオールに着目しているサプリですね。

美容成分や他の健康成分も一緒にほしい人には物足りないかもしれませんが、このサプリを飲んで効果があればエクオールが有効だということですね。
そういった意味でも分かりやすいので、複雑さがなく飲みやすいサプリといえそうです。

エクオールって何?どんな役割があるの?

エクオールは、大豆イソフラボンが消化吸収されるときに生まれる成分です。
そのためこのサプリには大豆胚芽発酵物を配合しています。

サプリを飲むと胃腸で消化吸収を行うので、そのときにエクオールが生まれるという仕組みですね。

大豆イソフラボンは女性の体に良いと有名ですが、大豆イソフラボンそのものが良いわけではありません。
消化吸収のときにつくられるエクオールが体に良い作用をもたらしてくれるのです。

ですが誰でもエクオールを作れるわけではないのです。
いくら大豆イソフラボンを摂取しても、エクオールを作れない人もいるのです。

実際にエクオールを作ることができるのは、日本人だと約40%だといわれています。
つまりエクオールが作れないとなると、いくら大豆イソフラボンを摂取しても更年期などの改善には繋がらないということになるのです。

ですがこのサプリは大豆を乳酸菌で発酵させているので、エクオールを作り出すことができない人でもエクオールを摂取することができますよ。

エクオールは更年期の女性ホルモンの低下に作用してくれます。
そのため更年期障害の改善として注目されていますし、抗酸化作用、皮膚の老化を防ぐ効果、メタボ予防、骨の強化への効果も期待されています。

エクオールを作ることができるかどうかの検査は婦人科でも行っていますし、それほどエクオールは女性にとってなくてはならないものなのです。

エクエルは医薬品では無く、サプリメントなので副作用は無し!

エクエルは女性に嬉しい効果が期待できるサプリです。
ですが体に良いといってもいくつか注意点があるので説明していきます。
どんなに体に良いものでも注意しなければ悪いことも起きますから、しっかり注意点は守るようにしてくださいね。

エクエルの副作用は無いが用法・用量はちゃんと守ろう

エクエルにはこれといった副作用はありません。
エクエルは大豆発酵食品なので、人の体をサポートしてくれるものです。
医薬品ではなく健康食品なので副作用などは気にしなくても大丈夫ですよ。

ただし飲む量は記載してある量を守って飲むようにしましょう。
過剰摂取は良くありませんし、妊娠中やアレルギーがある人も控えておきましょう。

エクエルの飲み方と飲み合わせ。他の大豆由来のサプリや食事などでのイソフラボンの過剰摂取に気を付けよう!妊娠中や授乳中も利用は避けよう

エクエルは1日4粒飲むようになっています。
飲む時間帯は特に決まっていませんが、大塚製薬の試験では1日2回、朝と夕に各2粒飲んで行っていますよ。
そのため効果的に飲みたいなら1日に2回に分けて飲む方が良さそうです。
水やぬるま湯と一緒に飲み、喉に詰まらせないように気をつけてください。

もしエクエル以外にも大豆イソフラボンを含むサプリを飲んでいる場合は控えるようにしましょう。
特別飲み合わせなどは考えなくても良いですが、大豆イソフラボンの摂取量が多くなりすぎないようにし、過剰摂取は避けるようにしましょう。

ですが普通の量の大豆食品を食べるのは問題ないですが、あまりに量が多い場合はエクエルを減らすなどして調整していきましょう。

1日の大豆イソフラボンの安全な摂取量は30mgまでと言われているので、その量を越えないようにすれば大丈夫です。

そして妊娠中や授乳中、乳幼児や小児は飲まないようにします。
また持病がある人は医師に相談するようにし、大豆など食品アレルギーがある体質の人も飲まないようにしておきましょう。
体調が優れない時も飲まないようにし、飲んで吐き気や体調不良を感じたときも中止しましょう。

エクエルで更年期をサポート!諸症状に悩まされているのならサプリメントでの改善を考えてみて。

エクエルは、エクオールが摂取できるサプリです。
エクオールは女性ホルモンに似た働きをするものなので、女性の体の基礎をつくるサポートをしてくれますよ。

飲み方は1日4粒までにし、他の大豆イソフラボンサプリも飲む場合は量を調整していきましょう。
医薬品ではなく健康食品なのでこれといった副作用はありませんが、過剰摂取は避けて体調が悪いときは飲まないようにします。

妊娠中や授乳中は飲まないようにし、小さな子供にも飲ませないようにしましょう。
エクオールを体内で作ることができる人も作れない人も、効率よく摂取できるので、更年期の予防や改善に飲んでみるといいかもしれませんね。

他の更年期サプリについてもっと知りたいなら!

更年期サプリを比較!口コミや選び方も紹介