【ルビーナめぐり】体メンテナンスで冷えを撃退!口コミ・副作用・成分などササっと解説!

ルビーナめぐりの口コミや効果を解説しています。

「すぐ疲れてしまう」「顔の火照りがひどい」「身体が冷えやすい」といったように、更年期を迎えた女性の身体には、様々な症状が現れがちです。
病院に行くほどではないけれど、我慢するのもつらい……そんな人におすすめなのが第二医薬品であるルビーナめぐりです。

更年期サプリを案内する沼田さんの笑顔

更年期を緩和する薬として、同じく第二医薬品である『命の母A』があります。
成分などに違いがあるので気になる方は要チェック!

ルビーナめぐりに含まれている成分や期待できる効果とは

国内大手製薬メーカー、武田薬品から販売されているルビーナめぐりは、漢方処方の成分が含まれているお薬です。

薬品会社が手掛けているだけあって安心感が高いルビーナめぐりですが、具体的には、どのような成分が含まれているのでしょうか?

またどんな効果が期待できるのか、ということについても見ていきましょう。

ルビーナめぐりに含まれているのはこんな成分!

  • トウキ
  • トウキ(当帰)とはセリ科の植物・カラトウキの根から抽出される成分。
    血管を拡張させる働きがあるため、身体を温めたりする効果が期待できます。

  • タクシャ
  • タクシャ(沢瀉)とは、オモダカ科・サジオモダカの根茎から抽出した成分で、利尿作用やめまいを治す働きがあるとされています。

  • ブクリョウ
  • ブクリョウ(茯苓)とは、サルノコシカケ科・マツホドというキノコの菌核から抽出した成分。
    胃腸の働きを良くしたり、食欲不振やむくみの改善、精神の安定にも効果があるといわれています。

  • センキョウ
  • センキョウ(川芎)とは、セリ科・センキュウの根茎を乾燥させた成分であり、冷え性や貧血の改善に効果的です。

  • ニンジン
  • ニンジン(人参)は、ウコギ科・オタネニンジンの根を乾燥させた成分。
    漢方薬の代表的な成分でもあり、「百薬の長」とも評されています。
    優れた疲労回復効果や免疫力をアップさせる働きがあるといわれています。

  • シャクヤク
  • シャクヤク(芍薬)とは、ボタン科・シャクヤクの根を乾燥させたもので、優れた鎮痛作用・冷え改善・風邪症状の緩和に効果的です。

上記でご紹介したようにルビーナめぐりには、様々な漢方成分が含まれているのがわかりますね。

ルビーナめぐりは更年期に滞りがちな血流を改善する効果がある

ルビーナめぐりの代表的な効果としては、以下が挙げられます。

  • 血液のめぐりを良くすることで、手足の先から身体を温める
  • 水のめぐりを良くすることで、冷えの原因でもある、身体の中に水分がたまっている状態を改善する
  • 胃腸の働きを活発にして、身体を芯から温める

更年期症状のひとつでもある身体の冷えは、漢方では「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のバランスが崩れることから起きると考えられています。

このつらい身体の冷えの改善には、「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のバランスを整える、つまり血液や水分のめぐりを改善しながら、身体を芯から温めてくれる働きを持つルビーナめぐりが効果的といえるのです。

冷え性や立ち眩みなど血流に関係する更年期症状がでる人にルビーナめぐりはおすすめ!

ルビーナめぐりには、その商品名が表しているように、様々な「めぐり」を改善する働きが期待できます。
ではルビーナめぐりは、どのような方に特におすすめなのでしょうか?

  • 更年期症状
  • 体力がなく疲れやすい
  • 胃腸が弱い
  • 冷え性である
  • 貧血の傾向がある
  • めまいやたちくらみ

更年期を迎えた女性は、身体の冷えをはじめとして、様々な体調不良を抱えている場合も珍しくありません。
その症状の多くは、いわゆる対処療法では治りにくいことから、悩みも深くなりがちです。

更年期の各症状と対処法について

ホットフラッシュ
イライラ
うつ
めまい
動悸

更年期のつらい症状を緩和するためには、心身に現れている症状だけを治そうとするのではなく、元々の原因のひとつでもある「血液のめぐり」「水分のめぐり」「気のめぐり」を良くする必要があります。

ルビーナめぐりには女性ならではの体調不良に効果が高いといわれているトウキをはじめとして、漢方成分の代表格であるニンジン・センキョウ・ブクリョウ・タクシャ・シャクヤク・ビャクジュツなどの生薬がたっぷりと含まれているため、更年期女性の不調症状全般に効果が期待できるのです。

ルビーナめぐりの副作用について。可能性が低いが医薬品なので全く無いとは言い切れない

漢方成分の代表格ニンジンをはじめ、生薬がたっぷりと含まれているルビーナめぐり。
製薬会社が販売していることもあって、効果も期待できそうですよね。

でも、いざ自分で実際に飲むとなると、「効果が期待できそうなだけに副作用の有無も気になる」という方も多いのではないでしょうか?

そこでこちらでは、ルビーナめぐりに副作用はあるのかどうか、ということについて見ていきましょう。

副作用が起きる可能性は低い!しかし、注意すべき点もある

ルビーナめぐりは、専門的には「第二類医薬品」に分類されます。

「第二類医薬品」とは一般的な市販薬のうち、「安全面や健康面でのリスクが比較的高い」部類に属している医薬品のことでドラッグストアや薬局などでの販売する際には、「薬剤師が在籍」「対面販売を行っている」ことが条件となっています。

そのためルビーナめぐりはサプリメントのように全く副作用がないとは言い切れない部分があります。

ルビーナめぐりで現れる可能性がある副作用としては、「皮膚の赤み・かゆみ」「肝機能異常」「吐き気や腹痛などの胃腸症状」などが挙げられます。

副作用に関して少し怖くなるようなことを書いてしまいましたが、ルビーナめぐりは病院の処方薬のような即効性が期待できるものではないため、副作用の可能性も低くはなります。

このようにルビーナめぐりを飲む場合には、「第二類医薬品」であることを理解した上で、適切な量・飲み方を守ることが大切です。

更年期サプリを案内する沼田さんの混乱顔

体質に合っていれば問題ありませんが、もし何らかの体調異常を感じた場合には服用を止めて、医療機関や薬剤師に相談するようにしてくださいね。

医薬品が不安という方は基本的に副作用が無いサプリメントの利用も検討してみて下さい。

口コミ評価が良い人気更年期サプリまとめ!

サプリメント 単品価格 定期購入価格 口コミ体験談 効果・成分紹介
高麗美人 ¥3,024 ¥2,570 高麗美人の口コミ 高麗美人の詳細
白井田七 ¥6,480 ¥3,980 白井田七の口コミ 白井田七の詳細
基本のサプリ ¥3,460 ¥2,730 基本のサプリの口コミ 基本のサプリの詳細
クオリア ¥9,936 ¥4,580 クオリアの口コミ(準備中) クオリアの詳細

ルビーナめぐりの効果的な飲み方や注意すべき飲み合わせなどはある?

前項でご説明したように、ルビーナめぐりには生薬がたっぷりと含まれているので効果が期待できそうな反面、副作用の可能性がない、とは言い切れない部分があります。

ではルビーナめぐりを飲む際に注意すべき飲み合わせはあるのでしょうか?

こちらでは、ルビーナめぐりの正しい飲み方・容量、そして飲み合わせについて詳しくご説明していきます。

ルビーナめぐりの服用回数は1日3回

ルビーナめぐりの適応年齢は、7歳以上となっていますが、年齢によって飲む量が違います。
具体的な飲み方は以下の通りです。

  • 7歳~14歳の場合は1回2錠を1日3回
  • 15歳以上の場合は1回3錠を1日3回
  • 年齢に合った量を、食前または食間に、水またはお湯でかまずに飲む

効果的に飲むためには、胃に何も入っていない食前30分前または食後2時間ほど経った時間がベストです。

※7歳未満の方は飲むことができませんので、保護者の方は注意するようにしてください。

ルビーナめぐりで注意すべき飲み合わせ。処方薬や市販薬、同じ様な成分が入った他のサプリを飲む際はちょっと待って!

薬に含まれている成分によっては思いもよらなかった症状が出たり、身体に負担がかかってしまう場合があります。

たとえば、ルビーナめぐりにはトウキ・ニンジンをはじめとした漢方薬にも含まれている成分が含まれているため、同じような成分を含んでいる薬を飲んだ場合には、過剰摂取となってしまう場合があります。

比較的副作用が少ないといわれている漢方成分ですが、体質によって「合う・合わない」が出やすいという特徴も持っているため、違和感がある場合にはすぐに飲むのを止めるようにしてください。

またルビーナめぐり以外にも病院の処方薬や市販薬を服用している場合には、事前に医師や薬剤師、登録販売者に必ず相談するようにしましょう。

体調を良くするために飲んだはずの薬で、かえってトラブルを起こしてしまっては大変ですよね。

そうならないためには、定められた容量や飲み方をきちんと守り、ほかの薬を飲んでいる場合には、必ず医師や薬剤師などに確認・相談してから飲むようにすることが大切ですよ。

効果が期待できそうなルビーナめぐりだからこそ、用法・容量を守って飲むことが大切!

ルビーナめぐりには、こちらでご説明した、トウキ・ブクリョウ・センキョウ・タクシャ・ビャクジュツ・シャクヤク・ニンジンなどの漢方成分がたっぷりと含まれています。

そのほとんどの成分には、更年期を迎えた女性が悩みがちな「身体の冷え」「胃腸の働きの改善」「冷えの原因でもある、体内に水分がたまった状態を改善して身体を芯から温める」という嬉しい効果があります。

またルビーナめぐりは、体力があまりない女性にも優しいトウキ(当帰芍薬散)成分が含まれていることから飲み始めやすい分類の薬であるともいえます。

製薬会社として有名な武田薬品から販売されているルビーナめぐりですが「第二類医薬品」に分類されていることを考えると、一般的なサプリメントよりも効果が期待できそうですよね。
しかし、それだからこそ、「定められた用法・容量をきちんと守って飲む」ことも求められます。

ルビーナめぐりに含まれている高い生薬の効果で症状を改善するためには、「定められた飲み方を守る」「病院でもらった処方薬や市販薬を飲んでいる場合には、必ず事前に医師や薬剤師に相談する」といったことを守ることも大切ですよ。

【更年期サプリメントについて詳細に解説】⇒今注目の更年期サプリについてまとめました!