「基本のサプリ」で更年期症状の緩和!口コミ・効果・副作用を詳しく解説

キッコーマンから販売されている更年期障害向けサプリメント「基本のサプリ」は、大豆イソフラボンをはじめとした女性をサポートする成分がたっぷりと含まれていて、更年期の緩和にオススメ。

更年期サプリを案内する沼田さんの真顔

基本のサプリの販売元は、100年以上の歴史を持つ醤油で有名なキッコーマンです。
醤油は大豆からできる商品ですので、キッコーマンが持つ大豆に関するノウハウは非常に豊富です。

基本のサプリに含まれる成分と、その効果

基本のサプリには、どのような成分が含まれていて、どのような効果が期待できるのでしょうか。
ますは基本のサプリの成分と効果についてまとめていきます。

更年期サプリを案内する沼田さんの笑顔

基本のサプリの1日摂取量の目安は、2粒です。
2粒あたりに含まれる成分量と、成分の解説をまとめます。

大豆イソフラボンアグリコン(25㎎)

大豆イソフラボンがホットフラッシュや倦怠感などの更年期症状に効果があることは、現在までに数多くの研究で分かっています。

しかし、大豆イソフラボンは腸内細菌の影響を受けやすく、非常にデリケートな成分です。
腸内細菌の状況によっては、体への成分の吸収率が大幅に低下するので効果は減少します。

大豆イソフラボンは基本的に、


イソフラボンとして摂取される。

腸内で分解

アグリコンという成分に変わり、体内に吸収される。

という形を経ます。

基本のサプリでは使用されている大豆イソフラボンは、初めからアグリコンの状態となっているので腸内細菌の影響を受けずに体へ効果的に吸収されるのが特徴。

更年期サプリを案内する沼田さんの笑顔

アグリコンには、女性の体調をサポートするエストロゲン用作用が強いゲニステインという成分が含まれています。
デリケートな更年期の体を内面から支える働きがあるので、更年期障害の方には頼りになる存在。

ぶどう種子ポリフェノール(200㎎)

基本のサプリにはぶどう種子から抽出されたポリフェノールの一種であるプロアントシアニジンが含まれています。
数あるポリフェノールの中でも強い作用を持つプロアントシアニジンは強い抗酸化力があり、更年期症状である不眠や不安、抑うつに効果があります。

更年期の不眠・うつの原因や対処法について知っておこう!

更年期時の不眠の原因と対処法
更年期『うつ』の原因と対処法を紹介!

更年期サプリを案内する沼田さんの真顔

プロアントシアニジンの強い抗酸化力は老化促進の原因となる活性酸素を抑える働きもあるので年齢を経て感じる様々な変化から女性を守ってくれる成分でもあるんですよ。

ビタミンD3(30μg)

更年期障害を抱えた方に欠かせない成分が、カルシウムです。
カルシウム不足は、更年期以降に骨粗しょう症の発症リスクが高まることが指摘されています。

普段からカルシウムを意識して摂っている方は多いですが、実はカルシウムは単独では体に吸収されないというデメリットがあります。

カルシウムを効果的に吸収するのに必要不可欠なのが、ビタミンD3です。
不足しがちな体内のビタミンD3を基本のサプリから効果的に補充することで、体内でのカルシウムを補い、更年期障害に負けない体作りを目指します。

葉酸(400μg)

葉酸は女性ホルモンを作り出す作用があるビタミンの一種ですが、加齢とともに体内で減少していきます。

サプリから葉酸を摂りいれることでホルモンバランスの乱れが落ち着くことが分かっているので、更年期障害の諸症状の緩和につながることが期待できます。

基本のサプリに含まれている成分を更に詳しく!

基本のサプリの成分を解説!

基本のサプリは、以下のお悩みを抱えた方におすすめ!

現在、数多くの更年期障害対策サプリ商品が販売されています。

成分や価格、飲み方など、それぞれに特徴があります。
基本のサプリは、以下のようなお悩みを抱えた方におすすめのサプリです。

  • 更年期障害に関連する諸症状の自覚があり、苦痛を感じている方
  • 1日に飲むサプリの量が多くなく、時間にとらわれず自分の好きなときに飲みたい方
  • 更年期の緩和だけではなく、その先の体調にも気を使いたい方
  • ある程度知名度のある販売元で作られたサプリを希望される方
  • 他の大豆イソフラボン製品で効果が無かった方
更年期サプリを案内する沼田さんの笑顔

基本のサプリの一番の特徴は何といっても大豆イソフラボンが吸収されやすいアグリコンの状態に最初からなっているという所。
他の大豆イソフラボン製品では効果が無かったという人にもこの吸収効率の良さを体感してみては?

基本のサプリに副作用は無し!でもアレルギーには気を付けて!

更年期の諸症状を緩和する成分がたっぷり入っている基本のサプリですが、だからこそその副作用は気になるところ!

基本のサプリはあくまでも健康補助食品で、副作用はありません。
実際に使用されている成分は、植物由来のものばかり。

主成分である大豆イソフラボンなども元々体内にある成分であり、女性ホルモンとよく似た働きをするので安心んして飲めます。

病院で処方される医薬品と違って、一般的に副作用はないのがサプリメントの良い所。
しかし、その方の体質やその日の体調によっては、お腹がゆるくなるなどのいつもと違う症状があるかも知れません。

そのような症状が出た場合、飲む量を減らしたり、落ち着くまで飲むのを休んだり、かかりつけの医師に相談してみることをおすすめします。

更年期サプリを案内する沼田さんの混乱顔

また商品は大豆由来の成分が含まれているので大豆アレルギーの方が摂取するとアレルギー症状が出現する可能性があります。
大豆アレルギーの方は飲むのをおやめください。

基本のサプリについて更に詳しく!

基本のサプリのアレルギーの有無や注意点を解説!

基本のサプリの効果的な飲み方と、飲み合わせについて

基本のサプリは、どのように飲むと効果的なのでしょうか。
また、飲み合わせに注意や制限はあるのでしょうか。
次に基本のサプリの効果的な飲み方と、飲み合わせについてまとめていきます。

基本のサプリの効果的な飲み方

販売元のキッコーマンによりますと、基本のサプリは健康補助食品として1日2粒を目安に、噛まずに水やお湯で飲むことを推奨しています。

飲む時間の指定はないので、ご自身の生活スタイルに合った時間でタイミングを決めるとよいでしょう。
飲む際に、わずかな量の水やお湯では、のどや気管などにひっかかりがちです。

飲むときはコップ1杯の水かお湯で飲むようにしましょう。

基本のサプリ、飲み合わせには注意が必要な場合も

大豆イソフラボンアグリコンをサプリから摂取する場合、安全な1日の摂取目安量は30㎎とされています。
基本のサプリの1日摂取量に、大豆イソフラボンアグリコンはすでに25㎎含まれています。

沢山飲むことでその分効果が増大するわけではないので、推奨量を守りましょう。
同じく、基本のサプリ以外にサプリを飲んでいる方は、大豆イソフラボンが重複していないかを確認しましょう。

基本のサプリは1日2粒が目安なので、大豆イソフラボンが含まれている他のサプリと併用したい場合は、基本のサプリを1粒にするなどの量の調整が必要です。
他にも納豆・豆乳・きなこなどの大豆食品の大量摂取は控えるようにとの添付文書があります。

大量摂取は控える必要がありますが、通常の範囲内での摂取は支障ありません。
また、若年性更年期の方には、妊娠中や授乳中の方がいらっしゃいます。

基本のサプリは、妊娠中と授乳中の女性については安全性の情報が不十分なので、摂取しないようにとの指示があります。

基本のサプリの飲み方、飲み合わせの注意点を更に解説!

基本のサプリの飲み方のベストなタイミングや注意点!

基本のサプリは、更年期障害にお悩みの方の心強い味方!

更年期サプリメントである『基本のサプリ』についてまとめました。
体が重だるくて毎日が辛い。
突然滝のような汗が噴き出してしまう。

些細なことでイライラしたり、眠れなかったり、気分の変動が激しい。
こういったお悩みを抱えた世の女性達の心強い味方が、基本のサプリです。
1日2粒で、こういったお悩みが楽になることが期待できます。

基本のサプリで、更年期障害を抱えた方のお悩みが少しでも楽になり、明るい毎日を過ごせるようになることを心から願っています。