女性特有の更年期の下痢と便秘を緩和する!不快で辛い症状の原因と対策

更年期の心身の不調と言うと、ホットフラッシュやイライラ、肩こりや腰痛など色々な症状があります。

下痢や便秘を起こしてしまうのも更年期の症状の1つで、お腹の調子が整わなくて悩んでしまいますよね。
そんな更年期特有の下痢や便秘の原因や、症状を和らげる方法について紹介しましょう。

更年期に起きる下痢や便秘の症状

更年期が原因で起きる症状は千差万別で、100以上もあるなんて言われています。
普通の下痢や便秘と更年期による影響で起きる場合に、何か違いがあるのでしょうか。

自律神経の乱れが関係している

普通の下痢や便秘はウイルスや細菌などに感染したり、胃腸の調子が悪いなど、消化器官に異常が起きて、下痢や便秘を起こすことがほとんどです。

更年期の下痢や便秘はホルモンバランスの崩れが影響して、自律神経が乱れることで起きてしまいます。
実は胃腸は自律神経と深く関係していて、自律神経のバランスが崩れると不調を起こしやすいんです。

更年期特有の下痢や便秘の特徴

更年期の下痢や便秘は普通の場合とちょっと違って、朝方に起きやすく長時間続いてしまうのが特徴です。

お腹や腰周りに冷えを感じたり、体がちょっと火照っていて微熱が出ることもありますね。
普通の下痢や便秘は時間帯に関係なく、いつでも容赦なく起きてしまいます。

ただ素人判断は危険ですから、不安を感じているなら専門家に診てもらうと安心ですね。

更年期にはどうして下痢や便秘が起きるの?

更年期に入ったら、下痢や便秘になることが増えたとお悩みの人もいますよね。
そこで更年期になってから、下痢や便秘が起きやすくなる原因について紹介しましょう。

ホルモンバランスの崩れによる影響

更年期はホルモンバランスの崩れが大きな原因で、体の色々な部位に影響していて、心身の不調を招いてしまいます。
自律神経も例外ではなく、交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなります。

自律神経は体の色んな部分のコントロールには欠かせなくて、消化器官もその1つなんです。
そんな自律神経の乱れが腸の働きに影響してしまって、下痢や便秘を起こしやすくなります。

体の機能や筋力の衰え

体の機能や筋力なども、年齢と共に衰えてきます。
胃腸の働きが低下して消化不良を起こしやすくなったり、腸のぜん動運動がしっかり行われにくくなります。

筋肉も同様に加齢で衰えてきて、お腹周りの筋力が低下してしまうと便を押し出す力も弱くなりますね。
ちょうど更年期と体や筋力の衰えが年齢的にも重なっていますから、下痢や便秘を起こすことが増えてしまいます。

ストレスによる影響

40代以降は家族のことや仕事、人間関係など、色んなことでストレスを抱えがちです。
ストレスは体や心に負荷を与えてしまうだけでなく、自律神経のバランスが崩れる原因です。

更年期の他の症状でイライラしたり悩んだりして、心理的なストレスも増えてしまいますね。
更年期とストレスが重なると余計に自律神経の乱れが大きくなりますから、便秘や下痢になってしまいます。

生活習慣を見直して下痢や便秘を防ぐ

更年期の下痢や便秘を和らげるためには、普段の生活習慣を見直すことが重要です。
日常生活の中でできることから、まずは改善していきましょう。

栄養バランスの整った食生活

健康な体を維持するためには、毎日の食事から取る栄養が重要なんです。
栄養バランスの整った食事を取るようにして、更年期に負けない健康な体を作っていきましょう。

規則正しく食事を取るようにして、糖質や脂質はやや控えめにするのがおすすめです。
中でも大豆イソフラボンを含む大豆製品は、ホルモンバランスを整えてくれますから不足しないようにしっかり取りたいですね。

更年期サプリを案内する沼田さんの真顔

大豆イソフラボンは摂取すると腸内細菌によってエクオールと呼ばれる成分になります。
エクオールは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするので女性の更年期にはかなり有効。
エクオールについて⇒エクオールの特徴や働きについて!

腸内環境を整える乳酸菌

下痢や便秘は腸内環境の乱れから起きてしまいます。
腸の善玉菌を増やしてあげて、腸内環境を整えていきましょう。

乳酸菌は腸の中で善玉菌として働いてくれますから、積極的に取るようにしましょう。
乳酸菌と合わせて、腸の働きを高めてくれる食物繊維もおすすめです。

体を冷やさない生活習慣を

冷えは全身のめぐりが悪くなりますし、お腹の調子を崩してしまう元です。
ホルモンバランスや自律神経の乱れがさらに大きくなりますから、しっかりと体を温めるのが大事ですね。

洋服などで調節したり、温かい食べ物や飲み物を取るようにしましょう。
お風呂は体を温める絶好の機会ですから、じっくりと湯船に浸かってリラックスタイムを楽しみましょう。

体の芯から温めることができて、全身のめぐりをよくしてくれます。

適度な運動で体のリズムを整える

適度な運動は体のリズムを整えるのに最適です。
ウォーキングやヨガ、水泳やジョギングなど、有酸素運動なら体への負荷も小さいですから、初心者でも取り組みやすいですね。

代謝が上がって血流もよくなり、全身のめぐりが改善されます。
ホルモンバランスや自律神経のバランスを整えるのにも効果的です。

足腰が鍛えられてストレス解消にもなりますし、腸の機能アップにもつながります。

良質な睡眠を取る

体のあらゆる機能を再生したり、回復しているのは睡眠中です。
睡眠不足やしっかり眠れていないと、体の回復力も低下してしまいますね。

更年期の症状も出やすくなりますし、下痢や便秘も起こしやすくなります。
しっかりと睡眠時間を確保して、安眠できるように工夫しましょう。

トイレは我慢しないこと

トイレに行きたくなったら、我慢せずにすぐに行くようにしましょう。
仕事や家事などで忙しくてつい我慢してしまうと、それが癖になってお通じのリズムが崩れてしまいます。

便意を感じなくても毎朝決まった時間にトイレに行くようにして、お通じのリズムが整うように心がけましょう。

下痢や便秘を楽にする更年期サプリ

更年期の症状を緩和する方法はいくつかありますが、薬だと抵抗があるという人もいますよね。
サプリメントなら健康食品ですから、ビタミン剤のように気軽に取り入れることができます。

更年期サプリがおすすめの理由

更年期サプリメントにはホルモンバランスや、自律神経を整えてくれる成分がバランスよく含まれています。

血行をよくして全身のめぐりをアップするなど、体内バランスを整えるのに最適です。
最近話題のエクオールなど、サプリメントでないと摂取できない成分もありますね。

種類よってはビタミンやミネラルなど、不足しがちな栄養を補えるタイプもあります。
美容成分がプラスされているものもありますし、プラスアルファの効果まで得られて、女性にとってはありがたいですね。

更年期サプリは成分をしっかりチェック

更年期サプリを取るなら、効果のある成分がきちんと含まれているものを選びましょう。
大豆イソフラボンやプラセンタ、サポニンやローヤルゼリーなど、サプリの成分をしっかりチェックするのが大切です。

更年期の下痢や便秘を緩和するなら、乳酸菌が加えられているものがおすすめです。
腸内環境を整えてくれて、腸の機能を正常化してくれますね。

オススメの更年期サプリ一覧

高麗美人
白井田七
基本のサプリ
クオリア

症状が辛いなら無理をしないで病院へ

ずっと下痢や便秘が収まらなくて、セルフケアだけでは症状が改善しないなら、無理をしないで専門家に診てもらうのも手です。

ホルモン補充療法や漢方薬の処方など、医師が診察してくれてその人に合った治療をしてくれます。
更年期の下痢や便秘程度で恥ずかしいなんて思わないで、気軽に婦人科に行って相談してみましょう。

症状緩和にできることから取り組む

更年期の下痢や便秘を楽にするためには、基本である生活習慣から整えていかないといけません。
それでもあまり改善しないなら、サプリを試したり婦人科へ行ってみましょう。

少しでも早く辛い症状を和らげるためにも、できることから始めるというのが大事ですね。

更年期サプリの口コミ・成分など解説!

オススメ更年期サプリの基本情報