【白井田七】口コミ・成分・副作用の有無など紹介!田七人参で更年期をサポートする注目サプリ。

「誰でも歳を取れば通る道」だということはわかっていても、症状が強く出てしまって、心身の不調に悩む女性も多い更年期障害。

その更年期障害に効果があると話題のサプリ『白井田七』とは、どのようなものなのでしょうか?

他の更年期サプリが気になったら⇒おすすめ更年期サプリをまとめて紹介

実際に『白井田七』を飲んだ人の口コミを調査!支持の多かったレビューを紹介

『白井田七』を実際に飲んだ人は、どのような感想を持っているのかということも気になりますよね。
そこでこちらでは、いくつか愛飲者の感想をピックアップしてご紹介します。

【ギットさん 49歳】
アラフィフと呼ばれる年代に差し掛かってからは、体調の悪さを感じることが多くなりました。
病院に行ったところ、更年期障害とのことでホルモン治療を勧められましたが、もっと自然なものはないか……と探していた時にネットで見つけたのが『白井田七』でした。

毎日欠かさず『白井田七』を飲むようになり半年が過ぎたころから、体が軽くなり、疲労感や急なほてりが無くなりました。

【いししさん 44歳】
知り合いから勧められて、夫婦二人で飲んでいます。
普段の生活の中でも、食事や運動などかなり気を配っている私たちですが、年々健康診断で指摘されることも多くなっていました。

『白井田七』を飲み始めてからは、主人も私も、「内側から湧き出るような元気」を取り戻せているようで、毎日元気に過ごしています。

【ヒツジさん 38歳】
元々は家内が更年期障害の症状の緩和のために飲んでいましたが、自分自身も会社の健康診断で引っかかってしまい飲み始めることに。

あまり期待していなかったのですが、家内と一緒に飲み続けてから1年後の健康診断では、昨年指摘された尿酸値の値が正常値になっており、痛風になるのを回避できました(笑) 家内もイライラすることが減ったようなので、これからも夫婦揃って飲もうと思っています。

白井田七のその他の口コミをまとめて紹介中!

白井田七の口コミまとめ【随時更新中】

『白井田七』は最上位の漢方である田七人参を贅沢に使用!更年期に抑える為の成分もたっぷり。

『白井田七』には、漢方薬に欠かせない材料として知られている朝鮮人参よりも、さらに高い効果があるといわれている田七人参が使用されています。

田七人参は、中国・雲南省の高い山に生息している人参で、7年という長い年月をかけて、大地に存在している栄養分をたっぷり吸収しながら成長します。

そのため、田七人参にはほかの漢方材料で比べられないような高い栄養価があるといわれており、中国ではとても珍重されているのです。

主成分は滋養の源でもあるサポニン!

『白井田七』の主成分は32種類の天然サポニン。
サポニンには優れた浄化作用があることで知られており、加齢とともに増えてしまう活性酸素を除去する働きもあります。

更年期サプリを案内する沼田さんの笑顔

同じくサポニンを主成分とした更年期サプリに『高麗美人』があります。
こちらは韓国プンギ産の高麗人参の中でも貴重な6年根を使用している話題のサプリメントです。
こちらも更年期の血行不良や肥満防止、抗酸化作用など嬉しい効果がたっぷり。

特集記事⇒【高麗美人】口コミや効果は?サプリの成分やおすすめの飲み方、副作用の有無についても解説!

そのような働きを持っていることから、年齢を重ねると高まってしまう生活習慣病を予防する効果が期待できるのです。

『白井田七』にはサポニンのほかにも、植物ステロール・田七ケトン・デンシチン・有機ゲルマニウム・アセチレン化合物・アルギニン・フラボノイドなども含まれています。

  • 植物ステロール
  • 植物ステロールとは、植物由来の化合物で、その名の通り様々な植物に含まれています。
    構造はコレステロールによく似ていますが、体内には吸収されず、コレステロールの吸収を妨げる効果があるといわれています。

  • 田七ケトン
  • 田七ケトンには、冠状動脈の血液量を増やし、心臓への負担を減らす働きがあります。

  • デンシチン
  • デンシチンとは田七人参特有の成分であり、そのはたらきには「止血効果」「鎮痛作用」「血液をサラサラにする働き」「子宮からの出血(生理など)の止血効果」などがあります。

  • 有機ゲルマニウム
  • 有機ゲルマニウムには、身体の隅々まで酸素を送り届ける働きがあります。

  • アセチレン化合物
  • 水素と炭素が化合してできるアセチレン化合物。
    中高年の方に欠かせない成分として知られており、医学的に見た場合には化学療法剤として利用できる可能性もあるといわれています。

  • アルギニン
  • アミノ酸の一種でもあるアルギニン。
    非必須アミノ酸に分類されており、免疫力アップ・疲労回復・脂肪の代謝などの働きがあるとされています。
    また肌の保湿効果にも期待ができる成分です。

  • フラボノイド
  • フラボノイドは、野菜や果物などに含まれている色素成分で、ポリフェノールの一種でもあります。
    フラボノイドには、免疫力の向上・抗酸化作用・ストレス緩和・アンチエイジング・血液をサラサラにする働きなどがあるといわれています。

さらに『白井田七』には、体内で作られない成分である9種類の必須アミノ酸・ミネラル・ビタミンなども豊富に含まれているので、身体をイキイキと元気にしてくれる働きが期待できるのです。

『白井田七』で期待できる効果とは?

サポニンを主成分としている『白井田七』には、下記のような症状に効果があるとされています。

『白井田七』の効果

・脂肪の吸収を抑えて肥満を予防する。
・コレステロールを除去し、活性酸素の生成を抑える。
・アンチエイジング。
・免疫力を高める。
・肝臓機能を改善する。

疲れを感じやすかったり、生活習慣が乱れていたり、更年期で悩んでいる女性に白井田七はピッタリ!

中国では、「金不換=お金には換えがたいほどの価値がある」ものとされ、非常に珍重されている田七人参。

その田七人参を原材料にして作られた『白井田七』には、以下のような症状で悩む女性に特におすすめです。

白井田七がオススメな女性

・更年期障害や生理不順で悩んでいる。
・自然治癒力が低下しており、風邪を引きやすい。
・免疫力の低下によって、疲れを感じやすく、病気がち。
・健康診断で数値の異常を指摘されてしまった。
・食生活が乱れがち。
・体力の衰えが気になる。
・二日酔いがつらい。

更年期サプリを案内する沼田さんの笑顔

また『白井田七』は国際有機認証IFOAMや日本有機JAS認証も取得しているので安全面や品質でも安心して飲むことが出来ます。

IFOAMとは?

IFOAM ジャパンは、International Federation of Organic Agriculture Movements Organics International(”アイフォーム”、国際有機農業運動連盟。以下IFOAM)の日本会員である国内の有機農業推進のために活動している生産及び流通団体、登録認定機関等が中心となっ て設立しました。国内の有機農業の確立と、有機農産物及び有機農産物加工品に関する消費者・生産者・製造者及び流通業者への啓発活動、更には国際的な視野 に立った有機農業関連情報の提供や、国際会議への参加などが主な活動です。
引用元:IFOAMジャパンとは? – 特定非営利活動法人 IFOAMジャパン

有機JAS認証とは

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。
引用元:有機食品の検査認証制度:農林水産省

副作用は無し!白井田七は添加物は無く誰でも安心して飲める

更年期障害や生理不順だけでなく、免疫力や自然治癒力の低下などに悩んでいる方にも効果的だといわれている『白井田七』。

期待できる効果が多いだけに「副作用があるのでは…..?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

『白井田七』のパッケージには、原材料が記載されています。

それによれば、『白井田七』の原材料は、有機田七人参98%・有機玄米2%となっているので、身体に悪影響を与えるものは一切含まれていません。

加えて特に添加物に関する記載もなく、使われている田七人参・玄米ともに有機であることを考えると、身体に良いとされている原材料にこだわって作られています。

そのようなことから、『白井田七』の副作用に関しては、神経質に考えなくてもOKといえます。

ただし、どんなサプリでもそうですが体質によっては「合う・合わない」があるほか、体調の変化などによっても、いつもは感じられない症状が出てくる場合もあります。
体調に違和感があるときには、素人判断で飲み続けず、医療機関に相談してみることをおすすめします。

白井田七のアレルギーの有無や好転反応についての関連記事

白井田七のアレルギーや好転反応について解説!

白井田七の飲み方や飲み合わせについて!特に制約は無いが食前に飲むのがオススメ

悩む女性も多い更年期症状の緩和効果も期待できる『白井田七』ですが、効果的な飲み方はあるのでしょうか?

また飲み合わせに気を付けたほうがいい薬や食べ物などはあるのかどうか、ということについてご説明します!

飲みやすいタイミングで飲んでOK!

『白井田七』は薬ではなく、カテゴリー的には健康食品に入るものなので、特に決まった飲み方はありません。
ただし、健康食品という特性上、食後に飲んでしまうと吸収率がかなり下がってしまいます。

そのようなことから、『白井田七』を飲むベストなタイミングとしては、胃に何も入っていないため吸収率が高くなる「食前」が挙げられます。

『白井田七』の効果を最大限に発揮するためには、ちょっとしたコツがある!

前項でご説明したように、『白井田七』は健康食品なので、飲み方やタイミングに特に制約はありません。
ただし、漢方薬や胃薬などを飲んでいる場合には、少し注意が必要です。

『白井田七』には漢方薬にも使われている成分も含まれているため、同じ成分を含む漢方薬を飲んでしまうと、過剰摂取となってしまって身体に悪影響が出てしまう場合があります。

また胃薬を飲んでいる場合、『白井田七』に含まれている成分の吸収を、胃薬が妨げてしまう可能性があります。

特に注意すべきなのは胃薬と同じ成分が含まれている漢方薬ですが、ほかにも普段から飲んでいる薬がある場合には、原材料や効果について調べたり、医師に確認してみることをおすすめします。

白井田七の定期コースを解約する方法は?

定期コースによって通常より割引された価格で購入する事ができる『白井田七』。

しかし諸事情によっては定期コースを解約したいという人やもしもの時の為に解約する方法を知っておきたいという方もいるでしょう。

白井田七の定期コースを解約するには、

次回配送予定の10日前までに電話かメールで連絡して解約の意思を伝える事で解約することができます。

下記が白井田七を販売している『和漢の森』の電話番号とメールアドレスです。

電話番号 0120-206-401(平日10:00~17:00 土日・祝日休み)
メールアドレス info@wakan.shop
白井田七の返品・返金についても詳しく解説!

白井田七の解約・返品・返金をまとめて説明します!

更年期障害や生理不順を改善したいなら白井田七は良い選択肢の一つ

『白井田七』に使われている原材料の白井田七人参は、国際基準の「国際有機認証IFOAM」に加えて、「日本有機JAS認証」も取得しています。

有機栽培されている植物は、環境に配慮されて作られていることだけでなく、人が食べた場合の安全性も高いのが特徴です。

このようなことから、有機田七人参98%・有機玄米2%のみで作られている『白井田七』は、私たちの身体に極めて優しく、安心して口にできるものであることがわかりますね。

更年期障害や生理不順に加えて、免疫力アップやアンチエイジングにも効果的といわれているサポニン含有の『白井田七』。
更年期の症状に困ったらな一度検討してみても良いかもしれません。