自然の効能がぎゅっと詰まった高麗美人!更年期に効果ありの成分とは?

肉体労働をしたわけでもないのになんだかだるい…気持ちも沈みっぱなしで最近笑顔になれないな…。
こんな気持ちになったときこそ、自然の協力な力をかりましょう!

高麗美人に含まれる成分には、様々な更年期症状を緩和してくれます。

高麗美人に含まれるサポニンは優秀すぎる?

サポニンって何となく聞いたことがある方も多いと思いますが、実はびっくりする程の優秀な成分が含まれていることをご存じでしょうか。

女性特有の悩みを改善し、清々しい毎日を送るために非常に効果的な成分で最近では人気がき上昇しています。

そもそもサポニンって何?

サポニンは色んな植物の根や葉、茎に含まれている配糖体の1つで、大豆や人参に豊富に含まれています。
葉っぱを食べたときに感じる苦味やえぐみがこのサポニンです。

サポニンは、良く知られているのは大豆サポニン・黒豆サポニン・ニンジンサポニンですが、他にも色々な種類がありそれぞれ特性が違います。

例えば、大豆であれば酸化を防ぎ肥満予防になったり、黒豆サポニンはダイエットに効果的など。
その中でも、極めて優秀なのは「人参サポニン」です。

人参に含まれているサポニンは「ジンセノサイド」と呼ばれるもので、活性酸素を取り除いてくれるような働きがあり、さらに血液の巡りを良くしてくれるので、血行不良から起こる色々な体調不良や症状に効く成分として注目されています。

高麗美人に使われている高麗人参は、一度栽培した土地で新しい植物はその後6~10年育たないと言われているほど大地の栄養分を全部吸収しつくします。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった栄養素が98種類も含まれており、女性に喜ばれるサポニンがふんだんにに含まれています。

サポニンの更年期に期待できる効果

更年期という女性の悩みの種の原因は、年齢と共に女性ホルモンが減少していくことにあります。
女性ホルモンの1つであるエストロゲンは耳にしたことがある方も多いと思いますが、整理周期を整えたり自律神経を安定させる働きがあります。

その大切な役割をするエストロゲンが減っていくのが大体40代からで、これに伴って様々な体調不良や心が不安定になったりしてしまうのです。
高麗人参に含まれるサポニンは、自律神経を安定させる作用、神経のバランスを整える作用、さらに血液の循環を促す作用があります。

ホルモンバランスを整えるような医薬品は、体調によっては副作用が出てしまい症状を悪化させてしまうことがありますが、高麗美人は天然成分を使用しているサプリメントなので副作用というものはありません。

高麗美人の様々な成分の含有量

高麗美人には高麗人参がなんと100%含まれています!
さらに、本場の韓国でも非常に高価と言われている高麗人参の中でもより希少価値のある「プンギ産高麗人参」を使用しているので、公述したようなサポニンの含有量はより高くなっています。

4年根、6年根と種類があるなかで、プンギ産高麗人参は、サポニンが2倍以上の含有量。

もちろん、サポニン以外の更年期に効果のある成分もどっさりぎゅぎゅっと凝縮されていて驚き。
98種類と非常に有効な成分が沢山あるので、是非知っていただきたい物に厳選してお伝えします。

サポニン以外の成分は更年期にどんな効果がある?

1.鉄分
高麗美人栄養素 - 鉄分
更年期障害によりホルモンバランスが崩れ、潜在性鉄欠乏性貧血症、いわゆる貧血を起こします。
高麗美人で鉄分を補う事により貧血からくる辛いめまい、立ちくらみを改善し悩まされることが無くなります。

2.亜鉛
高麗美人栄養素 - 亜鉛
亜鉛にはホルモンバランスを整える働きがあります。
また更年期のイライラ、不安、無気力など気分の落ち込みなど精神的症状に作用して安定させる働きがあります。

3.カリウム
高麗美人栄養素 - カリウム
更年期はホルモンバランスの乱れによって血行が悪くなり、むくみが起こりやすくなります。
カリウムは増えすぎた塩分の排出を促し、むくみ解消に役立ちます。

4.カルシウム
高麗美人栄養素 - カルシウム
更年期に見られる症状に骨粗しょう症があり、カルシウムがこれを補います。
またカルシウムというと”骨”ばかり想像してしまいますが、実はホルモンの分泌にも深く関わっており、更年期にありがちなイライラを改善します。

5.マグネシウム
高麗美人栄養素 - マグネシウム
マグネシウムにはカルシウムの吸収を助けたり筋肉や神経の働きを良くします。
なので更年期障害の症状である肩こり、脱力感、手足のしびれなど運動機能を改善する作用があります。

6.ビタミンB群
高麗美人栄養素 - ビタミンB群
ビタミンB群はエネルギーの運搬や老廃物の排出など代謝に関係する働きをします。
更年期に見られる、疲れやすい、体がだるい、倦怠感といった症状を代謝をアップさせることで改善します。

7.アミノ酸
高麗美人-アミノ酸
更年期治療に使われるプラセンタを構成する成分の一種、リジン、アルギニン、ロイシンなどが配合されています。
更年期障害の諸症状に効果があるとされている他、シワや肌荒れなどを改善して美白効果を発揮する働きもあります。

ビタミンEで老化をストップ

アボカドを気って暫くすると黒くなったり、リンゴを剥いて置いておくと茶色くなったりする原因は、どちらも酸化しているからなんです。
人間の体もこれと同じで実は酸化していくんです。

酸化とはつまり、細胞が傷んでいく事なんですね。そしてこれが老化していく原因となります。
ビタミンEには、こういった老化を防ぐ効果と性ホルモンの分泌を促してくれる働きがあります。

その結果、更年期特有のイライラ感や月経の苦痛を和らげる優れものです。

EPAで中性脂肪にアプローチ!

青魚のイワシなどに豊富に含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)は、中性脂肪を低下する効果や、記憶力をより向上させる効果があります。

その他に血液をサラサラにすることで知られていて、血の循環を良くすることから、更年期で良くある症状の手足の冷えや動悸などにも効果があると言われています。

このように、サポニンの他にも更年期を乗り切るための成分がしっかり含まれています。
もちろん高麗美人の一番の魅力は他のサプリメントと比べるとサポニンの含有量が非常に多いことが一番の魅力ということは間違いありません。

高麗美人のサポニンと大豆イソフラボン(エクオール)はどっちがいいの?

更年期の症状を緩和する有効成分として有名なのは、大豆イソフラボンから作られている「エクオール」と高麗人参に含まれる成分「サポニン」の二択でしょう。
では、より更年期に効果があるのはどちらでしょうか。

まずエクオールは年齢と共に減少していく女性ホルモンと似たような働きをする成分です。なくなってしまった女性ホルモンを補ってくれる力強い女性と味方といえるでさしょう。

もう一方の高麗人参に含まれるサポニンは、女性ホルモンの低下で起こる自律神経の乱れを押さえる効果があります。

どちらも最終的には女性ホルモンの低下から起こる自律神経を整える働きをするのですが、エクオールは女性ホルモンを補うことで更年期を生るべく起こらないようにするもので、サポニンのは既に起こってしまっている自律神経を安定させる役割があります。

どちらがいいか?というのは考え方ではありますが、既に起こってしまった体調不良、倦怠感、不眠などの症状を改善するにはサポニンが向いていると考えられます。

高麗美人は、高麗人参を100%使用しているので、こういった症状を和らげることを得意としているものです。
もちろん、エクオールも非常に有効な成分ですが、高麗美人には大豆イソフラボン(エクオール)は入っていません。

大豆やエクオールが主成分の更年期サプリまとめ

クオリア
基本のサプリ
エクエル

辛い更年期を高麗美人で乗り切ろう

女性ホルモンのみだれは、年齢と共にやってきて避けることができない人生の通り道です。
ただ、避けることができなくても、上手にサプリメントを取り入れながら付き合うことで、明るい気分で毎日を過ごせるようになります。

高麗美人はリーズナブルなことも人気のひとつですので、もし今悩んでいるのであれば、一度試してみるのもいいかもしれません。

毎日を楽しく元気に過ごせることをねがっています。